So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

『衣食住とは』 本当の意味は 『劣等感の塊』!? [躁鬱病・そううつ病]



秋らしい秋、晴れ爽快な空。




「うむむむ、外の世界は輝いてるな~。」




昼過ぎまで寝ていて、第一声がこれである。





衣食住が満たされているから、言える言葉だ。




ちょっと、いや、かなり自堕落ではないだろうか?



■ ADHD大ちゃん 改善日記 : 2017年11月5日











そんなことを思いつつ、今日も起床する。


マイスリーの分割飲みも慣れて来た今日この頃。




そろそろ、以前の日課(課題)もやりたいなぁ~


なんて考えたりもする。




ただ、今までの傾向だとここで行動しだすと、


後々ダウンするのではないかと恐々だ。




それでも


「ムリはしないが、挑戦はしないと」


心が訴えるのだ!







しかし、意欲に対して体が付いていかないとは、


自分の体ではない様に思えてしまう。


自分が別の体に入ってしまったような、違和感を感じてしまうほどだ。




今日は休暇、そう決めて過ごすのだが・・・。



● 衣食住とは 『本当の意味』 大切さとは



自堕落生活を続けていると、改めて衣食住のありがたみを感じる。


私が1人だったら、恐らく生活そのものが、立ち行かなかったであろう。


家族がいて本当に良かったと思う。




ただ、当たり前に思っていないだろうか?




衣食住があることに、『当然』過ぎて気付けない。




人として生まれて来て一番大事な物は何か?




自分?


家族?


恋人?


友人?


それとも、お金?




答えは個々によって変わると思う。




私は、環境だと思っている。




自分を取り巻く現状。


家族との生活。


恋人との距離間。(過去形)


友人との付き合い方。




『人が人らしくある為の環境がある』


ということが一番大事だと思う。




私は、人が人らしく生きるための土台(環境)があってこそ、


自分が自分でいられ、人に対しても想えると考える。




自分に余裕がなければ、人に目を向ける事も難しい。


自分が満たされなければ、与える事も難しい。




衣食住があっても環境次第と考えるのだ。


私が、ADHDであろうが、双極性障害(躁うつ病)躁鬱だろうが、


人として想う事は変わらないはずだ。




健常者に対して、『健康で真っ当でいいな』と思うのは当然だと思う。




私がよく言う、「仕事良いな」・「動けて良いな」も、劣等感から生まれる物である。


劣等感とは、比較する対象があって生まれるものだ。




相手に有って、自分に無い。


劣っていると比較できる環境があってこそだ。




比較するそのものが無ければ、劣等感を抱く必要もない。




しかし、人はそう簡単に優劣を捨てられるものではない。


優劣を付けたがるのも人だと思う。




生まれながらにして得ている人には、きっと伝わらないだろう。


初めから持っていれば、きっと気付けないからだ。




裕福な家に育てば、貧困な家での生活は、


その状況になるかでもしないと、想像でしかない。




うつ病についても、なった人しか分からないし、ADHDについても一緒だ。




例えば着るもので値段が良い物であれば、


そこでセンスの良さを伝える人も居れば、


『自分の服を隠す人も居る。』







もちろん、服の優劣でその人のなりが決まるわけでは無いが、


ただその開きが大きいほど、互いを知るきっかけは減るだろう。




子供だろうと大人だろうと、自分と近い人と接にするのが、


人だと思っている。




それは、「相手と比べ恥を掻きたくない」


自己防衛のための行動だと思う。




『食事はどうだろうか。』




好んで口にするものは?


自炊? 惣菜? 外食?


肉派? 魚派? 野菜派?


1食当たりの金額は?




これだけでも、好き嫌い・家庭構成・経済面で差が付いてしまう。




ステーキや焼肉が、誕生日だけの人もいれば、


月一やそれ以上に食べている人もいるだろう。




しかし、人によって羨ましいと感じていても、


実は当人にとっては、嫌いな食べものかもしれない。


相手に思うことと、当人が思っていることが、


必ずしも一致するとは限らないのだ。




そして、それを当人に伝える事はけして無いのだ。


言葉にすれば、「羨ましいと自分が傷つく」可能性があるからだ。




『典型的な例なら住居だろう。』




見ただけで判断できる。


大きさ・広さ・華やかさ・地域性など、


まるでその人そのものを象徴とするかの様だ。




住居が良い = 生活ランクが高い




衣服も食事も良い物と考えるし、大体そうである。


まあ、中にはムリして買って・借りて、


生活水準を落としている人も居るかもしれないが、


それが表面化することは少ない。


あそこの家は、凄い! でも自分の家は・・・


目にする度に、「惨めな思いをする」だろう。



ただ、こうも想うのだ。




● 衣食住の優劣を決めるのは、自分だ!



少なくとも着るものがあり、


毎日食事が出来て、


雨露しのげる住処がある。




質の差があるだけで、皆、同じ生活をしているのだ。




裕福だろうが、貧困だろうが、


本当の優劣を決めるのは、当事者だ。




私が相手に対して決めることでもないし、


第三者が決めることでもない。




自分が恥ずべき行為をせず、


品位ある生き方をしていれば、


胸を張って前を向けると思うのだ。




そう思えば、優劣で悩むことが、如何に無駄か分かるだろう。




衣食住が在るだけでも、幸せと思えないだろうか?




もし、当たり前にある衣食住が、一つでも欠けたらどうなるだろう・・・


取り巻く環境が維持できなくなる。




それが、一番怖いと考える。




『今日着る服が無い。』


『明日の食事が無い。』


『もう帰る家が無い。』




でも、これだけを阻止出来れば、人として生きて行けると思うのだ。




● 衣食住が満たされた、自堕落生活だとしても



毎日が休み。


その中でも、休暇をあえて設定してる。




以前お伝えしたが、


『休み』『休暇』は私の中では、異なるものだ。




私にとっての平日は休むことが仕事だ。




休日とは、平日にやるべき事を行った・頑張った人へのご褒美だと思う。




私が最近ちゃんと結果が出せているかと言えば、難しい所だが・・・


「模索中」と聞こえのいい言葉でしめるだろう。




今回の休暇は、問題点の洗い出しと課題化だ。




人は、今の私を見て、


「自堕落な生活だな」と思う人が多いと思う。




実際、私も自堕落だと思っている。


ただ、無駄な自堕落とは思わない様にしている。




今の私は休むことが仕事だ。


睡眠を取る事が仕事だ。




それが、双極性障害(躁うつ病)躁鬱の対処として、


最も早い解決方法だと信じているからだ。




衣食住が在るから言えることだが、


元気になる事こそが、今の私にとって最優先なのである。




この環境が必要なのだ。




だから、大いに自堕落に過ごすことが最上の策であろう。




私は、胸を張って「自堕落に過ごしている!」と言える。




それが、心の余裕に繋がるし、優劣に悩まず、


次の新しい選択を与えてくれるからだ。




決して、恥ずべき行為ではない。



ADHD大ちゃん画像.jpg

羨ましい・・・でも放さないヨ衣食住自堕落生活 : MAYU 「一途な片思い、実らせたい小さな幸せ。」 うたたP


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
大人のADHD発達障害
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
注意欠陥・多動性障害
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
躁うつ病(双極性障害)

大人のADHD発達障害

注意欠陥・多動性障害

躁うつ病(双極性障害)

nice! (182人)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 182人のかたに感謝なのだ(*'ω'*) 気軽に読んだよnice!に行くね('ω')ノ

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字 『ADHD』 を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・引用を固く禁じております。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
1.gif

※慣例上、『障害』と記載しておりますが、正しくは、『障がい』です。