So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

食費の節約術!4人家族で30%節約!!【大人のADHD|躁うつ病】 [節約術]



私の家は4人家族だ。食費は月6万円であった。



だが、簡単な節約術で、月18,000円の節約が出来た。



やり方は簡単!買い方を変えるだけである。


今日は食費の節約術を交えながら、日記を書いてみる。










■ADHD大ちゃんの診断改善日記:2017年10月14日

昨日は、双極性障害(躁うつ病)躁鬱の躁(そう)モードが発動したので、

慎重に日課をこなしてみた。


起きたのは9:30、寝たのは3:00なので、約6時間の睡眠だ。




というか、眠気が来なかった・・・


引きこもり中に休み過ぎたか!?




朝は相変わらず怠モード、低血圧だからしかたなし。




筋トレは欠かさず行う。


どうやら体調は良いみたいだ。




でもこれは、調子がいいと言うより『躁モード』の可能性があるなぁ~。




予め予測をしておくことは、昨日思い知ったので、休憩は多めでいこう。




ニュースサイトチェックは、昨日の夕方からの分が溜まっている。



読んでみて、「うむ、頭に入ってくる」


でも、ここで飛ばすとOffice系の日課にたどり着けないだろう。




一つ一つ丁寧に、ニュースを確認して30分位でいったん区切り休憩。


背筋を伸ばしたり、軽いストレッチ、体をほぐしたりした。




自分では出来ると思っても、タイマーで30分で区切るという感じかな。


時間は普段よりかかるけど、疲れる前に休むを繰り返す。




2時間たっぷり時間をかけてサイトチェック完了。


普段なら1時間以内で終わる量だが、

「テンションが上がりそう」の寸前で止める。




午前はそのおかげか、特に何もなく「普通」に過ごせた。


前日の勢いだと、テンションMAXだっただろう(笑)




午後は、Office系の日課を30分位で終了。


参考書の1項目の内容が簡単だったので、

Excel、Word、PowerPointを一気に終わらせた。


若干疲れたので、多めに休憩を取ることにしよう。


1時間ぐらいダラダラモードだ。


軽くニュースサイトチェックして、次は家計簿の作成をする。




私は、レシートや納品書を必ず残している。




食費、光熱費、娯楽費、雑費などExcelで記帳するためだ。




4人家族なので、色々出費が多い。




しっかり記録しておかないと、

あっと言う間に支出が増えるのだ。




うっかり記帳を忘れていたので、今日やる事にした。


ADHDの不注意は健在である。




家計簿を付けていると色々分かる。




・節約術 その①


家計簿に記帳する時は、固定費と変動費に分ける。


特に変動しやすいのが、食費だと思う。


妙に食費が高い場合、家計簿を見れば、原因がすぐ特定出来るので、

食費とは別に、お菓子など嗜好品を分類分けして記帳していると分かりやすい。




家計簿は、月別でまとめている。


財布から適当に支払っていると、月にどの位使っているか分かり難いからだ。


家計簿で支出を明確にすることが、節約術の第一歩だ。




・節約術 その②


主な支出は、食品やサプリメント、化粧品、日用品が多い。


私は、出来るだけネット通販を利用する。


ネット通販で買う方が楽だし、実店舗で購入するよりダントツに安いからだ。




『特に食品!!』


『4人家族だと、食費がバカにならない!』


『でも、ケチな節約術は、絶対にしたくない!』




肉や魚、米は、ほぼ楽天市場で購入。


産地が確実に分かるので、安心感もある。


肉は大体冷凍にすることが多いが、

最初から冷凍で届くので、そのまま冷凍庫にIN。


訳アリ品だと形は不揃いだが、味は良いので超お得だ!(*'ω'*)


300g~500gと、小分けされている点もナイスだ。


お米は重いので、正直運びたくない。


だが、ネット通販だと家まで運んでくれるし、

真空パックしてくるお店もあり、保存状態が良い。


特に、新米が美味い!!


サプリメントや化粧品は、Amazonでまとめ買いで定期購入にすれば割引率も高い。




ぶっちゃけ、日々必要なものは、

Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングで完結出来る。




・節約術 その③


実店舗で買うのは、現物を見てから決める物くらいである。


実店舗もネットで調べ、付近の安いスーパーをチェックし、

特売日をGoogleカレンダーに登録してある。


衣類などは、現物を見てネットの価格もチェックする。




なんだかんだで、月の食費だけでも30%削減出来た。




30%は、かなり大きいぞ!?


過去、食費だけで、月60,000円程かかっていた。


それが、30%の節約。


金額でいうと、月18,000円。


年間なら、216,000円。


浮いた食費で、家族4人で旅行に行けちゃう!




食事の質を落とすことも無く、買う場所を変えただけで、節約出来たのだ。


節約術として、誰でも出来る簡単な方法だと思うが、いかがだろうか。




・節約術 極み!


楽天市場やYahoo!ショッピングは、ポイントが付くので、

倍率の高いイベントの日に出来るだけ買う。


さらに節約術を究極に極めるなら、

ポイントサイトを経由してダブルポイントを付ける!


スマホアプリからの購入で、ポイントの倍率を上げる!


4人家族なら、食費だけでも、ガンガンポイントが溜まるので、おすすめだ。


ポイントは、100円あたり1ポイント溜まる。


年間の食費が、約50万円。(4人家族で月42,000円とした場合)


年間5,000円分のポイントが付くが、倍率8倍~20倍の時に購入しているので、

50,000円以上ポイントバックされている。



ぶっちゃけ、ポイントだけで1カ月分の食費が浮く計算である。




節約術は、ちょっとした工夫。


ホントそれだけで変わります。


ただ、ネット通販を利用するだけ。


重い荷物も運ばなくて良い。


肉や魚は、再冷凍しないから、味が落ちないし鮮度も良い。


ポイントバックで、消費税以上に現金還元!


家族が多ければ、更に食費が節約できる!




年間の食費が、7割くらいに下がったので母も大喜びだ。




家計簿も無事記帳完了。


今月はお菓子代(7,000円位)が非常に多かったので、家族に注意勧告だ。




まあ、食欲の秋だから、スイーツに手が伸びるのは仕方ないが、

ここで気を緩めてはいけない。




財布の紐はしっかり握るのだ!




家計簿へ記帳後、休憩を1時間位入れて、ゆっくりする。




他にやりたいことはあるけど、ここは我慢。




「やらない選択」が大事と、自分に言い聞かせる。




慎重に一つ一つ確実に、そして休む。


この繰り返しが大切かな。




焦っても結局、『躁鬱リバウンド』するのが落ちなので、

テンション上がりそうな時こそ、ゆっくりする。




良い意味で、「サボる」といった表現に近いかもしれない。


テンション上げてやりきる前に倒れるか、セーブしてやりきるか、

答えは出ているだろう。




短く集中。時間を区切る。必ず休憩。




これで、ある程度、躁(そう)モードもコントロールできるだろう。




うつになるよりはマシだが、面倒極まりない。


双極性障害(躁うつ病)躁鬱は、ホント「双極」だよなぁー(笑)




そして私は、食費で溜まったポイントを見て、( ̄ー ̄)ニヤリとする。


ナイス節約術! 4人家族で良かったーヾ(≧▽≦)ノ




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

大人のADHD発達障害ランキング

注意欠陥・多動性障害ランキング

躁うつ病(双極性障害)ランキング

メンタルヘルスランキング

ADHD大ちゃん画像.jpg

nice! (102人)  コメント(2) 

nice! 102人のかたに感謝なのだ(*'ω'*) 気軽に読んだよnice!に行くね('ω')ノ

コメント 2

caterham_7

ご訪問&Niceありがとうございます。
30%は大きいですね!参考にさせていただきます。
by caterham_7 (2018-01-07 17:10) 

ADHD大ちゃん

こちらこそ、ご訪問ありがとなのだ('◇')ゞ

エンゲル係数が高いご家庭なら、

より効果が実感できるよー('ω')ノ
by ADHD大ちゃん (2018-01-07 18:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字 『ADHD』 を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・引用を固く禁じております。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
1.gif

※慣例上、『障害』と記載しておりますが、正しくは、『障がい』です。