So-net無料ブログ作成

『躁うつ病 接し方』家族の相談会【ADHD大ちゃん】 [大人のADHD 2 躁鬱病・そううつ病 編]



心身共に疲れやすいのが、双極性障害(躁うつ病)躁鬱病だ。




接し方について、順天堂病院 精神科 医師の講演に行って来たゾ!




うつ病や躁うつ病の症状を持つ家族の接し方や、

疾患者本人の過ごし方を説明するという内容だ。




参加者は、双極性障害(躁うつ病)躁鬱病を抱える家族や本人。



約50名が集まった!! しかし・・・











■ADHD大ちゃんの診断改善日記:2017年10月19日


著名な医師の講演が2時間行われる。


大切な時間だ。


心して聞こう。


前半は、うつ病と双極性障害(躁うつ病)躁鬱病について説明。


後半は、質疑応答という流れだ。




始めに医師より『専門的な話になるので』と挨拶。




「おおぉ~~っ!」

「順天堂病院 精神科 医師の専門の話が聴ける!!」


ADHD大ちゃんは、興味津々ノリノリである。




進行内容の用紙を見てみると、

うつ病とは何か、躁鬱病とは何か、日本のうつ病患者数や年々の推移、

鬱になりやすい傾向の説明。


治療薬や環境改善、社会復帰の為の説明が予定されている。


これは、期待できるぞ!






● まさかの専門用語連発! しかも英語!!



早速、講演が開始し、プレゼンが始まった。




心理学者のフロイトやユングなどの引用から始まり、

海外のここ数年のうつ病患者の推移グラフが、プロジェクターで表示される。





引用は、フロイトの原文である。


しかも、全て英語表記である。




初っ端から、分からない。




「というか、この英語の長文を読める人はいるのか?」




衝動的に、ツッコミたくなる。




医師の話しでは、うつ病の提唱について、過去の事例の参考という事らしい。


だが、この場で英語で説明する必要があるのだろうか。




医師は一生懸命に説明しているのだが、

全て英語だし、説明も専門用語ばかりで理解が出来ない。




確かに医師は、「専門的な話になるので」と言っていたが、

「これ聞いている人、皆本当に理解できてるのか?」と疑いたくなるほどだ。




ちなみにグラフも英語である。


はっきり言って、何の推移か画像を見ても理解ができない。




「これ、私が理解出来ないのが、おかしいのか?」




こっそり、周りを覗き見る。




他の方の反応見る限り、

ただスクリーンをぼんやり見ている様にしか見えない。




「私と同じ様に、みなさん、理解出来て無いのでは?」


思わず「先生!全然分かりません!!」と、手を挙げたくなる。




医師の話は続く。




医師が言うには、『うつ病や躁鬱病になりやすい傾向は、順日本人気質な人。』


真面目や、責任感、敏感気質など、誰にでも当てはまる様な説明がされた。


例に『二宮金次郎』や『大日本帝国軍人』を挙げていたが、

つまり、うつ病や躁鬱病は、「誰にでも起こりえる症状」と言いたいらしい。




私は、改善案や対処方法を期待していたのだが、このまま進めていくのだろうか。




だんだんテンションが下がって来た。




「言ってることが占いと一緒な気がする」




誰にでも当てはまることを、並べている様にしか思えない。




次に治療薬について。


日本では承認されてない海外の薬の説明。


うつ病に効果があるとされた薬品名一覧と、

服用した方の改善したらしい推移のグラフが表示された。




もちろん、英語です。




というか、日本で承認されてない薬の説明をする意味が分からない。




ラミクタール、セルトラリン、ジアゼパムなども少しは出てきたが、

普通は、承認されている薬の説明が本筋ではないだろうか。




最後に、環境改善や社会復帰の説明は、

市の支援団体や保健所相談に連絡してね。(テヘペロ♪)


司会の人も、『ぜひご相談ください』と言っている。




いやいや、貴方(医師)の見解を話さなくてどうする。


私は、精神科医師の意見を聴きに来たのだが・・・




だが、司会の方はノリノリだ。


あれこれの、介護サポートや施設の場所の案内。


デイケアこんなことやってます!的な。


『何でもご相談くださいね!』


まるで、自治体の福祉課で、施設案内を聞いている気持ちになってくる。




流石に、イライラし始めて来た私。


「でっ、結局どうすれば改善できるのでしょうか?」(気持ちイラ)




突っ込んだ。




医師:『個々で異なりますからストレスが溜まらない様に、


本人が自由過ごせる環境と、


ちょっとしたルールから始めてみましょう』




いや、だから、そのストレスや環境を変える為に、

どうすれば良いか、具体案を聴きたいのだが・・・( ゚Д゚)

私が間違っているのだろうか?




その後の質疑応答では、20人位の質問があったのが、

のらりくらりと的を得ない話が続く。




政治家の謝罪会見を観ている錯覚に陥る。




質疑中に、私と似た質問をした方がいたが、

『ストレス環境を減らして、小さな事から始めましょう』でまとめられる。




「先生! だから、答えは・・・」




非常に抽象的な答えである。






● 医師の説明で無駄に疲れ → 体調が悪化



というか、聞き所が分からん。


「専門的な話」を名目に、好き勝手に話してるだけの様な・・・




前半は英語で理解できず、

後半の質疑応答で、さらに疲れた私は、イライラ&屍モード。




これは、うつ病や躁鬱病かどうかなんて、関係無いと思う。


私のADHDの衝動性の特徴を加味しても、どうかと思う。




「専門的」は、まあいい。




だが、海外ではなく、日本のうつ病、躁うつ病をテーマに話して欲しい。


英語もいらん。




海外の事例と称した英語のプレゼンを、

一体何人が理解できるというのだろうか。




それとも、まず、英語から勉強しろと?


そう言いたいのか??




期待していた分、とてもとても、


「と・て・も」残念な気持ちだ。




参加者の殆どが両親か本人のどちらかだ。


高齢者の方も多い。




せめて、一般人にも理解できる内容にして欲しい。




英語で何が書いてあるか。


その説明から入る講演に、私はビックリだ。






● 本当に順天堂病院の精神科の医師なのか?



講演が終了した。




私は、グッタリ。




参加者が一斉に帰った。


誰も、質問に行かない。


私も帰ることにした。




エレベーターの前でヒソヒソ話す人がいた。




A氏:『私、医者の言ってる意味が全然分からなかったのだけど・・・』


B氏:『えっ! 私もそうなのよ~』


C氏:『でも、順天堂の医師だしねー、こういうものなのかね~』


D氏:『英語は無いだろ英語は。後ろからだと、何書いているかも分からなかったよ』


E氏:『私はもう参加いいや』




アウェイは、医師の方だった。


医師会では、凄い人なのだろうけど、家族会では微妙な医師ということなのだろう。




「良かった!私が感じたことは皆と一緒だった!!(`・ω・´)」




安心した。


躁鬱もちょっと改善した気持ちになった。




ADHD大ちゃん画像.jpg

何回Nyaった?: 初音ミク 「Nyanyanyanyanyanyanya!」 daniwell


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 大人のADHDへ
大人のADHD発達障害
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
注意欠陥・多動性障害
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
躁うつ病(双極性障害)

大人のADHD発達障害

注意欠陥・多動性障害

躁うつ病(双極性障害)

nice! (128人)  コメント(2) 
共通テーマ:健康

nice! 128人のかたに感謝なのだ(*'ω'*) 日記更新の時におかえしnice!するね。

コメント 2

werewolf

いやぁ、すごく納得のいくお話でした♪
お医者さんって、具体的な話をすることを避けますよね。
質問してはっきり答えてもらった経験はほとんどありません。

by werewolf (2018-01-12 22:53) 

ADHD大ちゃん



コメントありがとうございます!

そうなんですよ・・・(-_-)

医師の方って、書籍に書かれていることばかり話します。

当事者を見て答えて貰えないんですよ・・・


まあ、初対面だからってのもあるとは思うのですが、

障がいの特徴や症状は理解していても、

カウンセリング(相談)が出来るとは限らないってことでしょうね。


ある意味、占い師の方と話した方がスッキリします(笑)


by ADHD大ちゃん (2018-01-12 23:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用・引用を固く禁じております。 Unauthorized copying and replication of the contents of this site, text and images are strictly prohibited.
1.gif